なぜビタブリッドCフェイスとニベアの組み合わせをおすすめしないのか

インスタグラムでも評判のビタブリッドCフェイス、もう試してみましたか?

まだの人は是非使ってみてください!

なんと言っても、この質のものを1500円(期間限定なので要注意!)で使えるなんて、そうそうありません!

使う量によっては、かなり長く持ちますので、本当におすすめです。

さて、最近、このビタブリッドCフェイスとニベア青缶を一緒に使うとすごくいいという記事をよく目にします。

でもこれ、やめたほうがいいですよ。

だって勿体ないですもの!!!

しかも顔にまんべんなく塗ることができません!


ニベアクリームに何かを混ぜたことがある人はご存知と思いますが、すっごく溶けが悪いんです。

ニベアってすごくかたいですからね。

何かを混ぜて使う人も多いですが、よく聞くのは蜂蜜やソンバーユなど、溶けやすいものが殆どです。

でも、かなり使いこなしている人は、アイシャドウやベビーパウダーを混ぜてます。

もうこうなると、もはやスキンケアではなくメイクコスメですね。

これはこれでスゴイと思います。

でも、ビタブリッドCフェイスは、期間限定で安くなっているとはいえ、大事に使いたいものです。

これを溶けにくいニベアに混ぜるのは・・・あまりお勧めできません。

やったことがある人は、全然溶けなくて、顔に塗ったらちょっとつぶつぶが残った感じがしたと言っていました。

なので、どうしてもニベアとビタブリッドCフェイスを一緒に使いたい場合には、次のような使い方がおすすめです。



ビタブリッドCフェイス+ニベアはいまいち。化粧水や美容液がおすすめです!

ビタブリッドCフェイスの公式での使い方は、ビタブリッドCフェイスを水や化粧水に混ぜて使うという使い方です。

やっぱりこちらのほうがしっかりと溶けて、まんべんなく顔全体に塗ることができます。

どうせ顔につけるのですから、化粧水との組わせが王道だと思います。

でももし美容液や乳液を使っているとしたら、それに混ぜるのもありだと思います。

ただ、どうしても美容液や乳液はそれほど量を使いませんよね。

液体の量が少ないと、ビタブリッドCフェイスは溶けにくいんです。

なのでおすすめは化粧水です!

もしどうしてもニベアを使いたい!という場合には、化粧水で溶かしたビタブリッドCフェイスをつけた肌の上から、塗ることをオススメします。

ニベアには美容成分はないといいますよね。

だから沢山塗る必要はありません。

ニベアパックという使い方もありますが、通常は薄く、スキンケアの一番最後にふたをするような感じで使うといいですよ。

もちろん、ビタブリッドCフェイスとニベアを一緒に使ってすごくいい!という方もいると思います。

でも私のように、ケチでビタブリッドCフェイスを少しでも長く使いたいという人にはおすすめできません。

ビタブリッドCフェイスを化粧水で溶かしてつけて、最後にニベアで蓋をする、というやり方をおすすめしたいです!